1. HOME
  2.  > 
  3. 生活 > 腎移植後の食生活について
カテゴリ:生活

腎移植後の食生活について

透析になると食生活が今までとは全く変わります。

普通は高たんぱく低カロリーに対して、透析になると逆の低たんぱく高カロリーに。では、移植した後はどうなるのかと言うと薬に影響を及ぼすもの以外は何でも食べれるようになります。

薬に影響を及ぼすというのは、それを食べることによって薬の効果が増してしまうことがあるということです。免疫を抑える薬、つまり免疫抑制剤で言うとプログラフがそれにあたります。私はプログラフを服用しているので移植してからは全く口にしていません。

果汁10%程度のジュースやグレープフルーツの味付けがなされているスポーツ飲料は飲んだことがありますが、そのもの自体は移植してから食べていません。

以上のことに気をつけていれば、移植後問題ない人は何でも食べることができます。

お酒も飲めますし、年に数回程度の暴飲暴食も私はしてます。

移植することで食べ物が美味しく感じるようになりますし、制限もなくなるので嬉しいのですが、その反面移植した人は太り過ぎに注意しないといけません。透析しているときはかなり制限がありストレスも溜まります。

ストレス発散が食にいっきに集中してしまうので気をつけないとあっという間に1キロ、2キロ増えてしまいます。実際私は移植してから最高で10キロ増えてしまったことがありかなり服のサイズが変わってしまいました。。今はそれから7キロほどですかね、ダイエットしてベスト体重になりましたけど。

とにかく移植して問題がなければ食べ物の制限は無くなりますけど薬の影響と食べすぎには注意したほうがいいということです。それと。できるだけ腎臓に影響を及ぼさないよう塩分の取り過ぎには移植してからも注意したほうがいいでしょう。

Comment

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。

▲TOPにもどる