1. HOME
  2.  > 
  3. 用語集 > 中性脂肪とは
カテゴリ:用語集

中性脂肪とは

脂肪酸、中性脂肪、コレステロール、リン脂質と体内にある脂肪の一種で必要に応じてエネルギーとして使用されます。コレステロールに善玉と悪玉があるのを聞いたことがあるかと思いますが、体内の中性脂肪が増加すると善玉コレステロールを減らしてしまい、反対に悪玉が増えることが分かっています。

中性脂肪は、太る、体に悪いといった悪いイメージを持たれがちです。しかし中性脂肪はエネルギー源として重要な役割を果たしていて、体調を崩したときや食事が取れないような時にエネルギー源として燃焼されているわけです。

極度の痩せ型の人が、中性脂肪を蓄えていない状態で食事を取れないような状態になると代わりに使用するエネルギー源がないため体調に異常があらわれたり、体温調整が上手くできなくなってしまいます。

中性脂肪とコレステロールは同じ脂質の一種でありますが、役割に違いがあります。

中性脂肪は貯蔵脂質で、コレステロールは構造脂質です。貯蔵脂質は体内に取り込まれた糖質やタンパク質、脂質のうち余分なものが肝臓などに蓄えられた脂質のことです。

移植後の中性脂肪

移植をすると、飲み物・食べ物の制限が大幅に軽減されます。したがってこれまであまり摂取することができなかったものが容易に口にすることが可能になるのですが、水やお茶以外、糖質を多く含む飲み物の取り過ぎには注意しなければいけません。

牛乳やスポーツドリンクも含まれます。

摂取し過ぎることで、中性脂肪を高めてしまう危険性があります。体重の変化は時間を経過しないと分からないため、制限されていた反動でついつい飲みすぎてしまう可能性があるので気をつける必要があります。

tag:

Comment

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。

▲TOPにもどる