1. HOME
  2.  > 
  3. 知識 > 腎臓は加齢と共に衰える
カテゴリ:知識

腎臓は加齢と共に衰える

これは他の臓器でもあてはまることではあると思います。臓器の衰え。

腎臓はご存知の通り、糸球体が老廃物をろ過する働きがあり体外に尿として排出してくれる働きがあります。一つの腎臓に約100万個ある糸球体は一度悪くなってしまうと慢性の場合回復は望めません。また機能が衰えても沈黙の臓器と言われていて自覚症状を感じにくくそのまま悪化してしまうケースが多いと言われています。

私もそのことが原因で透析になりました。

人間の体にとって大切な腎臓は、加齢と共に機能が低下していくことが分かっています。

機能低下には個人差があり、初期症状が表れにくいのですが、腎臓は1つが機能しなくなったとしても直ぐに透析治療を行わなければいけないといったことではなく、もう1つが正常に機能していれば通常通り生活することができます。

しかし、そうなってしまうと通常2つの腎臓で血圧の上昇を抑え、効率よく血液をろ過していたものが、1つの腎臓で補うことになるのでこれまで通りの生活を送るのは難しくなると思います。

塩分制限、風邪、薬の服用などこれまで以上に気を使いながら、残った腎臓を長く機能させなければなりません。

移植した私にとって、これは同じことが言えます。

ましてや自分の臓器ではないので余計に気をつけなければいけません。

せっかくもらった腎臓を無駄にしないためには、一日一日を感謝し腎臓に負担がかかるようなことは避ける。体重・血圧は毎日チェックするなど自分でできることは最低限しないといけないと思いました。

腎臓について日々いろいろと調べていてすごく勉強になることが多いと最近よく感じます。知識を無駄にせず健康に気を使いながら一日でも長く移植腎が機能してくれるようできることはしていきます。

コメント 1 件

Comment

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。

▲TOPにもどる