1. HOME
  2.  > 
  3. 用語集 > カリウムとは
カテゴリ:用語集

カリウムとは

カリウムとは必須ミネラルの一種で正常値は病院や検査方法によって異なりますが、大体3.5~5.0以下とされています。

カリウムは、ナトリウムとイオンバランスにより血圧の調整する働きがあります。体内に取り込まれたナトリウムは血圧を上昇させるのに対し、カリウムは血圧を下げる働きがあります。

両方のバランスを保つことで正常な血圧値を保っていますが、腎臓の働きが低下するとカリウムを排出することが難しくなり心機能を抑制することになりうるため、腎臓に問題がある方は注意する必要があります。

また、カリウムは多くの食べ物に含まれているため透析をしている方は取り過ぎに注意しなければいけません。

高カリウム血症

透析中・移植後になった病気でも書いていますが、私は過去に高カリウム血症になった過去があります。

直前の血液検査では正常値だった数値が仕事中に急激に上昇し、そのまま呼吸が苦しくなり入院しました。症状としては、最初に手足が痺れる感覚で気分が悪くなります。そして呼吸に影響が出はじめる感じです。

当時はこのまま死ぬんじゃないかと思いました。。

すぐに病院に行ったため大事にはなりませんでしたが、その直前に食べていた饅頭がトラウマとなり今でも口にすることができません。もちろんそれは関係ないと思いますけどね。

透析をしている方は正常値であっても注意したほうがいいかと思います。

tag:

Comment

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。

▲TOPにもどる