1. HOME
  2.  > 
  3. 知識 > IPS細胞が使えるのはいつですか?
カテゴリ:知識

IPS細胞が使えるのはいつですか?

先生、IPS細胞が使えるのはいつですか?

明日検査だったな~と考えていたところ、以前この質問をしたことを思い出しました。

腎臓に問題を抱えている人であれば絶対と言っていいくらい一度は考えたことがあるんじゃないでしょうか。当然、自分もその一人で次の定期健診のときは絶対聞いてみようと思ってました。

それで前々回のときだったかな~。先生に聞いてみたんですよね。

その時の先生の回答は

「発表された段階なので、これからどんな臓器で使えるのか実験をしたり検証するのに数年、数十年はかかるかもしれないですね。」

ということでした。。。

でもいつかは可能になる日がくるということがわかっただけでも嬉しかったですね。透析も移植もどんなに大変なものか経験している自分にとって、少しでも同じ病気の人が減ると思うと。

もしも10年後、20年後に可能になれば、そのときはまださすがに生きてると思うので期待できます!それに自分の細胞からとなれば免疫抑制剤を飲む必要もなくなります!

IPS細胞を開発した山中伸弥教授に感謝です。

腎臓IPS細胞

Comment

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。

▲TOPにもどる