1. HOME
  2.  > 
  3. 用語集 > 尿素窒素とは
カテゴリ:用語集

尿素窒素とは

尿素窒素(略号BUN)は蛋白質が肝臓で分解され最終的に生成された老廃物です。

血中の尿素量を表すのが血中尿素窒素で、腎臓が正常な場合尿として排出されますが、機能が低下していると尿素窒素を濾過(ろか)することが難しく血中に残ります。

尿素窒素の基準値については、情報がいろいろあり、大体6または8mg。単位dlでは23.0とされています。

尿素窒素の異常で疑われる病気は腎炎、腎結石、腎ガン、腹膜炎などがあり、あわせて尿蛋白、尿潜血の数値から判断されます。

尿素窒素上昇による体験談

個人的な体験談として、この数値が高い場合に、口臭を感じることがありました。体内に毒素が溜まっていくことでアンモニア臭がするようになり口の中全体の皮が剥けるようになります。

tag:

Comment

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。

▲TOPにもどる