1. HOME
  2.  > 
  3. 知識 > プロテインは問題ある?
カテゴリ:知識

プロテインは問題ある?

私は14歳の時から今の年(32歳)までずっと筋トレをしています。

当時からプロテインをほとんど飲むことはなかったんですが、はじめた当初は何がいいとか悪いとか分らず敵当に買ってきて飲んでましたね。

はじめたきっかけは兄がいていつも兄弟ケンカで負けてたというありきたりなものなんですが、そのおかげで今でも続いていてベンチプレスでは130kまで挙げることができてます。

そのはじめの頃に飲んでいたプロテインも一時の間だけで飲むのはやめて、透析導入になるときには全く飲んでなかったんですけど、透析になってから明らかに筋力が落ちたことでまたプロテインを飲もうか悩んだときがあります。

でも病院の先生に確認すると、プロテインというのは成分がタンパク質だから絶対ダメとは言わないけど止めたほうがいいと言われてました。

とは言ってもやっぱり飲みたくなる。

水分も含んでいるので透析による水分摂取量を制限されていると余計に。

まぁ結局移植した今でも飲んでいないんですけどね。その時は何故そんなにダメなのかというのも具体的に知ろうとしていなかったので今回今後のことも考えてちょっと具体的調べたときのことを書いておこうかと思います。

腎臓の働きを知る

プロテインが何故透析している人、腎臓に問題がある人にとってあまり良い物ではないのか。それは腎臓の働きを理解することで見えてきます。

(ここでは腎臓の働きについて簡単にしか書きませんが、近いうちに詳しく書きます。)

腎臓は、体に取り込まれたタンパク質は水分、糖質とは異なりエネルギーとして使われた後、体内に7割程度窒素含んだ老廃物として体内に残ります。

体内に残された老廃物は血液で腎臓に運ばれ、濾過(ろか)され尿として排出します。

しかし腎臓の働きが上手くいかないと、体内の老廃物は体内に溜まり、尿毒症を引き起こす原因となってしまうのです。

老廃物を処理しきれないまま、過剰にタンパク質を摂取し続けると毒素が体中に回ってしまい非常に危険な状態になります。実際に私は尿毒症を経験したことがありますが、あと一歩のところで脳まで達して危険だったと言われたことがあります。

透析しているときも、タンパク質の取りすぎが原因と思われるデータが血液検査で出て口の中が常に尿の臭いがしたこともあります。

このように、タンパク質を上手く処理できないような状況でプロテインを飲むというのはあまり好ましくないことではないということがわかりますね。透析をしていても運動をしている人が多くいるようで、筋トレをしたいという方も何人かいらっしゃいます。

特に筋トレは、明らかに見た目が変わっていくことでモチベーションに繋がることもあるので余計にプロテインを飲みたくなるんじゃないかなと思うわけです。でも以上の事実を知ることでそれは良いとは言えないという先生の意見が正しいことがよく理解できます。

ですので、結果としてはやっぱり腎機能に何か問題を抱えている方、自分も含めですね、プロテインは止めたほうがいいと思います。

プロテインに頼らず筋力アップするには

プロテインが無くても筋力アップすることは可能です。

実際私はそうしてきました。でも筋量を増やすと、クレアチニンの値も上がるので先生に事前に相談したほうがいいです。それと、検査前は正常な値が取れなくなるので誤解を避けるためにも運動はしてはいけません。

それで今のところ私は運動の制限がなく、プロテインなしで筋トレに励んでいるわけですが、プロテインが飲めない分どうしてるかというと、大体想像付くかと思います食事による方法です。

どれだけ良質なタンパク質を取るかが重要です。

同じタンパク質摂取量であっても、食べるものによっては違いが出ると思います。

具体的に言うと私が食べているもので挙げると、納豆・卵・鶏ささみorもも肉などです。なぜ良質なもののほうがいいかというのは、同じタンパク質であっても体のもととなるアミノ酸の関係があります。

良質ではないタンパク質というのは、体に取り込まれると、良質なものに比べ合成されにくく、筋肉を作るのには向いていないのです。

なので、同じタンパク質を摂取するのであれば、アミノ酸値が高いタンパク質を摂取するほうが筋量を増やすのに最適であるということになります。

これを意識するのとしないのでは、同じ期間トレーニングをしても結果が全然変わってくると思うので先生の許可を得て筋量アップをしたいという方は食べるものを意識してみるといいでしょう。

でも食べ過ぎは単に腎臓に負担をかけるだけなので注意してください。

Comment

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。

▲TOPにもどる