1. HOME
  2.  > 
  3. 知識 > 移植する病院の選び方
カテゴリ:知識

移植する病院の選び方

私の場合は透析をして2年経ったくらいに移植を真剣に考えはじめ、担当の先生に相談し自然と九大を受診することになったのですが、中には病院を自分で探している人もいると思います。

となると、そういう方はどうやって病院を選ぶのか気になります。

知人の紹介?、評判?、口コミ?などなど今はインターネットでいろいろ調べることができるので情報がすぐに見つかります。ただ私の職業柄言うと、ネット上の情報というのは信じすぎるのは危険です。

食べログがイイ例です。以前話題になった口コミを書く代行業者が問題になったのを知ってますか?

お金を払って自分のお店の口コミを投稿してもらうというシステムで、絶賛する投稿しか行わないという手口です。これはステルスマーケティングという方法で、ステルス=(こっそりすること)、マーケティング(売上を上げる方法)というところからそう呼ばれています。

もっと簡単に言えば自作自演ということで、食べログはこういった行為が蔓延しないよう、口コミ投稿者の本人確認のため携帯認証を取り入れています。

病院でも同じことがありえるのか?

最近調べてみた感じでは病院ではあまりステマは見受けられません。

説明が難しいのですが飲食店とはまた何か違うんでしょう。ただこれだけインターネットを活用する人が増えている以上今後はもしかしたら病院関連の口コミサイトで多くの人が知っていると言われるようなサイトが出てくるかもしれないですけどね。

他人の意見は信用しすぎない

はじめにも書いたように、他人の意見を信用しすぎるのは危険です。

所詮他人の意見に過ぎません。インターネットを活用してお小遣い稼ぎをしている人がかなりいるため事実とは異なることを書いてしまっている人も少なくありません。腎移植に関する情報でも実際に体験していないため多少ことなる情報を書いてしまっている人もいます。

いろいろと情報を集めるのに困らない時代ではありますが、結局実際に自分で体験してないとわからないことばかりです。

病院の選び方について

一般的には透析を受けている病院から紹介してもらい、近くの移植を行っている病院に行く事になると思いますが、自分で病院を探したいとなれば選ぶ方法について考えないといけません。

私がその立場であればという答え方になりますけど、自分であれば一番気になるのは移植した件数です。

過去にどれくらいの人を移植したのか、生体・献腎含め過去に事故がなかったのかなど調べれる範囲で情報を集めます。比較するのに一番重要と思います。

その中で事故が1件でもあれば手術数が多くても選択にかなり悩みそうですが。。

自分であればというかたちで書いてみましたが、他にも選び方というのはあると思います。今移植を検討していて病院を自分で探したいのであれば病院の先生に相談してみるのもいいかもしれません。

しかし最近は手術時間もかなり短縮されているようですし、事故のリスクは低くなっていると思います。あまり神経質になり過ぎて選択することに時間がかかってしまうことは避けたほうがいいでしょう。

Comment

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。

▲TOPにもどる