1. HOME
  2.  > 
  3. 用語集 > 免疫抑制剤とは
カテゴリ:用語集

免疫抑制剤とは

自分の臓器以外の骨髄、心臓、腎臓、肝臓などを移植した場合に拒絶反応を起こしてしまう免疫力を抑える作用がある薬のことを免疫抑制剤と言います。

人間の体は外から異物が侵入した際、防御反応で臓器に対して攻撃をはじめます。そのため移植した臓器が機能しなくなることを防ぐため移植した直後から免疫抑制剤を使用し免疫力を低下させせます。

しかし免疫力を低下させてしまうことで病気にかかるリスクが高まり、最近やウイルスに感染しやすい状況を作ってしまうことになるため乾燥しやすい時期には、うがいや手洗いなど予防対策がすすめられています。

免疫抑制剤の種類
アザニン・アマドラ・イムラン・グラセプター・サーティカン・シクポラール・シクロスポリン・セルセプト・ネオーラル・ブレディニン・プログラフ

tag:

Comment

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。

▲TOPにもどる